2019/06/07

【Water Swing 〜inspired by “Healing Dance”〜】




【Water Swing 〜inspired by “Healing Dance”〜】

水の中で行うボディワークです。

はじめはゆっくりと穏やかに。
静けさの中で呼吸と水のゆらめくリズムを感じていただきます。
ゆだねることができるようになったら、少しずつダイナミックな動きも取り入れていきます。

水に包まれて、忘れていた記憶を思い出すかもしれません。
水に撫でられて、全身から何かが剥がれ落ちていくように感じるかもしれません。

浮力のある世界で感じる軽やかさ・・・
ウォーターリラクゼーションです。

40分/13000

*場所について
新宿区にあるプールを使用します。
(詳細はご予約時にお伝えします。)

*セッション時間について
長い時間水中にいると寒さを感じるため、セッションは2回にわけて行います。(20分×2回)
寒さが気にならないようでしたら40分続けて行うことも可能です。

*所用時間について
プールは貸切ではありません。
他の利用者の状況によりセッションを行うのに相応しくないと判断された場合、セッションをお待ちいだだくことがございます。
また、前後の着替えやセッション間の休憩など、お時間に余裕を持ったスケジュール調整をお願いします。

*持ち物について
タオル、キャップはプールに備えられています。
水着をご用意ください。
耳に水が入るのが気になる方は、スイムプラグ(水中用耳栓)をご用意ください。
昼間は太陽の光が差し込みます。
日焼けが気になる方は、トレンカ(レギンス・スパッツ)、ラッシュガードをご用意ください。
これらはアマゾンなどで手に入ります。

画像、動画をinstagramにてご覧いただけます。
ハッシュタグは #nadaWaterSwing
アカウントをお持ちでなくても、パソコンのブラウザよりご覧いただけます。

その他、気になることがございましたらこちらよりお問い合わせください。

2019/05/04

〜Esalen Experience〜 エサレン研究所を訪れよう!


ビッグサーってどこだろう・・・・



どんなところだろう・・・・



エサレンの魅力にとりつかれて1年ちょっと



ボディワークを志しこれまで学び体験してきたことのすべてが集約されていると感じられるボディワーク、それがエサレンマッサージでした。

これまでの人生のすべてを表現できる、それがエサレンマッサージだと感じています。

そのエサレンマッサージが生まれた場所、そのルーツに行ってみたいと思うのは自然の流れで・・・思いを馳せていたら、その機会が訪れました。

今年の9月、エサレン研究所へ一緒に行きませんか。




世界中から集まったボディワーカーとともに聖地で学べる機会。

講座には日本語通訳が入り、研究所への旅の準備もサポートさせていただきます。

そして、研究所の宿泊施設の都合上、できるだけ早くに申し込みを完了させないと参加できなくなってしまいそうです。

いつかは・・・・そんな風に思っていたプラクティショナーのみなさん、この機会にご一緒しませんか。

そして、こちらの講座はどなたでも参加できる内容となっています。

ボディワークを体験してみたい・・・

エサレンを学びたい・・・

エッセンシャルオイルについて深めたい・・・

エレンにあってみたい・・・

ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントの頂点となったエサレン研究所に行ってみたい・・・

そこに行かなければ、体感できないこと。
そこにいるだけで、感じられること。

みなさんと、聖地で共に過ごせる時間を楽しみにしています。


ーワークショップインフォメーションー
『エサレンマッサージ®とエッセンシャルオイルの魅力』
エサレンマッサージ・プラクティショナーの確かな技術に基づく芸術性は、世界中のボディワークカーに広く認知されています。

また、”タッチの質” はエサレンマッサージのスタイルまた哲学として基本的要素の一つです。

精油を用いることにより、嗅覚という強力な感覚が活性化され、五感の中で最も深く私たちの記憶へ働きかけます。

マッサージと組み合わせることにより、深いリラクゼーションを促しハー トを開き呼吸を深めるという強力なアルケミー(錬金術)となるでしょう。

このワークショップでは、ダニエラとエレンがプロフェッショナルに活躍するボディワーカーを対象に、エサレンマッサージの基本をもう一度振り返り、さらに精油を用いることで、呼吸への意識を高め、吸気を深めます。

自身の生命力(バイタリティー)を高めるブレンドや、クライアントに必要となる具体的なブレンドを、厳選された11種類の精油をどのようにブレンドしていくのかを学びます。

精油のエッセンスによりその人の本質に働きかけるような、セラピューティックな域にまで達した芸術的なブレンドを、2人の豊富な経験に基づきをお伝えします。

精油をお持ちの方はご持参いただくことも可能ですが、講師に注文することもできます。
精油の詳細は、お問い合わせ時にお知らせします。 

ご用意しているエッセンシャルオイル、マッサージオイル、ローションはワイルドクラフテッド(自然生育)のものでかつセラピューティックグレード(セラピー特級)のものです。
【講師】
Ellen Watson
エレン・ワトソン
エサレン シニアティーチャー。
26年に及び世界を旅しながら、エサレン のエッセンスを伝え続けている。
ムーヴィング ベンチャーを創立。
ソマティック/ムーヴィング・アーツや呼吸を使ったブレスワークのフィールドでプロフェッショナルに活躍する後進の教育を自らの使命と捉えている。
1998年よりインドネシア・バリの人々のサポートに尽力。

Daniela Urbassek
ダニエラ・ウパセック
長年エサレン研究所のスタッフとして従事。
エサレン®マッサージ、中医学を専門とし、30年以上のキャリアをもつ。
また、エッセンシャルオイルについても精通し、その他クラニオセイクラル、ムーヴメント、ヨガ、ダンスなどの影響を受けている。
生徒が何を求めているのかを深く理解し、フォーカスを当て、最適な指導を行う。

【日本語サポート】

【テーブルアシスタント】
 井出伸之介

【参加対象者】​
 どなたでもご参加いただけます。

【開催日程】
 2019年9月1〜6日
 *フライトスケジュールの都合上、前後にサンフランシスコでの宿泊が必要となることが予想されます。
 また、日本との時差(サマータイム実施中、マイナス16時間)をご考慮の上、スケジュールは最短でも8月31日〜9月8日をご予定ください。

【集合】
 9月1日(日)11:00 サンフランシスコ国際空港近辺

【解散】
 9月6日(金)17:00 サンフランシスコ国際空港近辺

*ご参加いただく皆様のスムーズな移動を考慮し、サンフランシスコより車をチャーターしての移動を予定しております。

【​参加費​】
 参加費は宿泊のお部屋により変わります。
  ・2段ベッド / 165,000円 
  ・2〜3人部屋 / 209,000円
  ・2ベッドルーム(お二人での受付のみ)/418,000円 *こちらはお二人での金額
  ・プレミアムシングル / 435,000円
 ​*為替レートにより変動する可能性があります
 *プレミアムシングル以上のグレードアップのお部屋はすでにウェイティングなっております。ご希望の方はお問い合わせください。

 <参加費に含まれるもの>
 講座費用、宿泊費、食事(朝・昼・夜)、温泉の利用(24時間)、日本語サポート

 <その他必要な費用>
 ◉前後泊の宿泊費
  移動の為、前後1泊ずつの必要があります。
  サンフランシスコ空港近くで10,000〜15,000円くらいを予定しております。
  フライトによっては、後のみの宿泊で可能になる可能性もございます。
 ◉クラスで使用する11種類の精油は含まれません。
  詳細はお問合せ・お申し込み時にお伝えします。
 ◉現地までの交通費
  ・航空運賃7~16万円程度(航空会社による)
  ・サンフランシスコ空港からのエサレン研究所への車チャーター(お一人片道100ドルを予定)

日本からのフライト、サンフランシスコでの宿泊、サンフランシスコからエサレン研究所への移動につきましては、ご参加の皆様が安心できますよう情報を共有しサポートさせていただきます。

エサレン研究所、宿泊施設の定員には限りがございます。同時期に複数のワークショップの開催が予定されていることから、早期でのお申し込みをおすすめいたします。お申し込み時期によっては、定員の関係上ご希望にお応えできなくなることがございます。ご了承ください。


お問い合わせ、お申し込みはこちらまで。

・お名前
・メールアドレス
・ご連絡先電話番号
・お問い合わせ内容

をご入力ください。​

2019/01/11

2019年 物語 地図



ー2019年、どんな流れの中で何が起こっているのか?ー

先日、古本屋さんで目に飛び込んできた『生きるとは、自分の物語をつくること』を読んでみました。

映画『博士の愛した数式』の原作者である作家の小川洋子さんと臨床心理学者である河合隼雄先生の対話集です。

「人は、生きていくうえで難しい現実をどうやって受け入れていくかということに直面した時に、それをありのままの形では到底受け入れがたいので、自分の心の形に合うように、その人なりに現実を物語化して記憶にしていくという作業を、必ずやっていると思うんです。」

という一文が印象に残りました。

昨年、ちょっと辛い体験をして長いこと処理できなかった感情や思考があったのですが、あるセラピストさんにお話を聞いていただいた時に、全く気がつかなかった側面からの「物語」を聞かせてもらえ、ものすごくすっきりとしたことを思い出しました。


さて、「物語」。

人生という物語を数字で探求した “ヌメロロジー/数秘学” という学問があります。

誕生日の数字が

今がどんな意味を持つのか どんな流れの中で人生に何が起こっているのか

現在・過去・未来という物語としてみせてくれます。


占いやおみくじのように、人生を運気の良し悪しでとらえるのではありません。

この物語は、これまで歩いてきた道と、これから歩む道が記された地図のようなものです。

道を見失ってしまった時、地図を見て自分が今どこにいるのか確認できると気持ちが落ち着きますよね。

地図で「今、ここ」を知る。

そして、ここまで来るのにどんな道を歩いてきたのか確認してみる。

そして、この先、自分がどんな道を歩くのかを想像してみる。

そんな地図のようにこの物語をひらいてみてください。



2019年 あなたの物語のみつけかた

今年の西暦「2019」とあなたの生まれた月日を一桁になるまで足し算してみてください。

出た数字が、あなたの2019年の物語。

例 / 3月18日生まれ

2+0+1+9+3+1+8=24

2+4=6

【6】=2019年の物語の数字


☟出た数字の各物語はこちら










出た数字の前の数字が「これまで歩いてきた道=過去=2018年の物語」、

出た数字の先の数字が「この先歩む道=未来=2020年の物語」です。


【9】




【9】



これまでの努力が実り評価される時。

学び終えたという自信と、一つのプロジェクトを完成させた自分自身への信頼が生まれ、達成感、充足感を味わえる時。

執着を手放す時。

終わろうとしていることにしがみつかずに、新たなスタートを切る準備を整えよう。

価値観が変わる時。

幸せという目標が改めて定義され、翌年新たに蒔く種の核をみつける。

新しい物語の中に飛び込んでいく勇気を集めるために、不要になった物に「ありがとう」を言って手放していこう。

それは、クローゼットの中の服かもしれないし、人間関係かもしれない。

これまで自分に相応しいと思っていたものが、もはや不要になっていないかを確認しよう。

あらゆる物事が変化していく。

自分を見失ってしまった時には、周りに貢献し、調和を優先しよう。

これまでにやり残したテーマや、目を逸らし、学ぶことを拒んできた課題に取り組む機会を与えられるかもしれない。

ドラマチックで感情的、破壊的な年になるかもしれない。

心をひらき、成り行きに従って恐れずに受け止めていこう。

取り組んできたことの成果を喜ぶ時なので、きっと豊かさを受けとり、分かち合える。

それは必要だから与えられる機会なのだと信頼して。

キーワードは、卒業、完結、完成、成就。





☞これまでの物語【8】

☞この先の物語【1】



参考書籍
【書籍名】著者/発行所
【癒しの数字】はづき虹映/ソフト バンク クリエイティブ株式会社
【「カバラ」占いの書】浅野八郎/株式会社 説話社
【カバラの秘密】九燿木 秋佳/株式会社 楓書店
【決定版!スピリチュアル辞典】武藤悦子/株式会社主婦の友社
【実践 数秘術】ドーン・コヴァン/ガイアブックス
【シークレットオブナンバーズ】Daso Saito/株式会社ビジネス社
【数秘術 マスター・キット】キャロル・アドリエンヌ/株式会社ナチュラルスピリット
【[魂の目的]ソウルナビゲーション】ダン・ミルマン/(株)徳間書店
【タロット バイブル~78枚の真の意味~】レイチェル・ポラック/朝日新聞出版
【誕生数秘学】はづき虹映/一般社団法人 日本誕生数秘学協会」
【名前で運命のすべてがわかる数秘術】キャロル・アドリエンヌ/株式会社 幻冬舎

【8】




【8】



収穫の時。豊穣、現実的な豊かさ。

キーワードは、挑戦、実現、達成。

個性、才能を最大限に生かし、これまで努力してきたことの成果を発揮できる時。

活躍し、人を惹き付ける魅力が増していく。

自分の望みを知り、自分の可能性を信じ、挑戦していこう。

夢、アイディア、計画の実現のために全力を出し切って。

不可能を可能にできる時。望む物を手に入れる力を持つ時。

権力、お金に惹き付けられる時。

手に入れることに興奮を覚える。

欲望に支配されないこと。

稼ぐことに謙虚になれ、ということではない。

 “収穫” とは種を蒔き、努力して育てた結果やってくるものだ、ということ。

自分と他者の価値観が混在しやすい時でもある。

他人の欲望を投影されないように。

「この欲望、誰のもの?」と問いかけてみよう。

自分の持つ力・・・体力や能力をどう使っているのかに注目しよう。

他者をコントロールするために使えば、自分よりも大きな力を持つものに直面することになる。

緊張感を持って、公正に力を用いること。
(試され、評価される時なので、批判の対象になりやすい。)

エゴをコントロールする強さとして用いれば、間違ったプライドを超えていくことができる。
自分自身に対する過大評価も自己卑下も生まれない。

どれだけ手に入れても豊かさは独りでは感じられない。

誰かと分かち合うことでやってくる。

豊かになるというのは、自分以外の誰かを、より力づけられる立場を手に入れるということ。

収穫したものを分かち合っていこう。





☞これまでの物語【7】

☞この先の物語【9】



参考書籍
【書籍名】著者/発行所
【癒しの数字】はづき虹映/ソフト バンク クリエイティブ株式会社
【「カバラ」占いの書】浅野八郎/株式会社 説話社
【カバラの秘密】九燿木 秋佳/株式会社 楓書店
【決定版!スピリチュアル辞典】武藤悦子/株式会社主婦の友社
【実践 数秘術】ドーン・コヴァン/ガイアブックス
【シークレットオブナンバーズ】Daso Saito/株式会社ビジネス社
【数秘術 マスター・キット】キャロル・アドリエンヌ/株式会社ナチュラルスピリット
【[魂の目的]ソウルナビゲーション】ダン・ミルマン/(株)徳間書店
【タロット バイブル~78枚の真の意味~】レイチェル・ポラック/朝日新聞出版
【誕生数秘学】はづき虹映/一般社団法人 日本誕生数秘学協会」
【名前で運命のすべてがわかる数秘術】キャロル・アドリエンヌ/株式会社 幻冬舎